酒天のぐうたらな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく回復(-_-;)

<<   作成日時 : 2012/04/24 20:05   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は久しぶりの診察治療日で通院した。
そして嬉しいことに喉に開いていた穴がようやく塞がれたのだ。
治療は痛かったが、これでようやくスッキリとした気分になれて帰りの運転はルンルン気分で帰宅した。

お酒も少しなら飲めるらしい!(^0^)
お酒は再発を宣告された去年の9月から飲んでいないので飲むのが少々怖い気がするが楽しみでもある。

しかし、人間の脳は上手くできている。
喉頭癌ほど手術後に苦しむ病気は無いだろうと思うほど苦しむ。
「殺してくれ〜」と云いたくなるほど苦しく辛かった。
『闘病』と云う言葉がピッタリの治療である。
それが、今ではあの時の苦しさ辛さを忘れている。

人間の記憶力も上手く働けば苦痛の記憶を徐々に薄れさせてくれるものだと思った。
でも、苦しく辛かったな〜!二度とご免だが…。

3ヶ月の闘病生活の心の支えとなったのが主治医であり看護婦さんであった。
私の主治医は2名で男性の主治医と若い女性の主治医だった。

この若い女性の主治医が病院でも有名な美人Drだった。
まさに美人タレントを彷彿させる、バランスのとれた小柄で肌は抜ける様に白く眼鼻立ちが整った誰が見ても医者とは思えない、どうして医者になったのだろう?と不思議な女医さんだ。
病棟では殆どの治療をこの女医さんがしてくれた。
担当になっている男性患者の中には「00先生と話すと美人過ぎてあがってしまいって質問を忘れてしまう」といった患者も多かった。(笑)

そして、忘れていけないのが看護婦さん達だ。
皆、看護大学を卒業して間もない若い看護婦さん達ばかりだった。
だから、上司からの指導であろう、話の最後には「ありがとうございます」が口癖になっている。
患者を大切なお客様扱いだ。
特に私はそんな看護婦さん達に可愛がって?もらった。
病棟内で私の姿を見つけるとピースサインをして愛想を振りまく看護婦さんもいた。
なにしろ良く面倒をみてもらった。
だから3ヶ月と云う永い闘病生活が治療は苦痛であったが居心地は最高に良かったのだと思う。

退院の時には看護婦さんの中には「外来で病院に来たら病棟に寄って顔を見せてくださいね」なんて可愛いことを云う看護婦さんもいた。
退院の別れは出来るだけ看護婦さんの少ない日曜にしたのは別れが辛かったからである。

そんなこんなで、私の入院生活は手術後の治療は地獄の苦しみであったが主治医や看護婦さん達には恵まれていた。

女医さんやナースに心から感謝!である。







腎癌のすべて?基礎から実地診療まで
メジカルビュー社
東間 紘

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 腎癌のすべて?基礎から実地診療まで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ご回復おめでとうございます!
ホッとされましたね〜。
しかし闘病は大変な人生勉強ですね。
酒天さんはたくさん耐えられて尊敬です。
私も病気して色々学びましたよ〜。
病気しなかった時の自分より、病気を経験した自分の方が好きです。
あの辛さに比べれば、他のことは些細に思えて、今を楽しもうと思えます。

人間は忘れる動物だから幸せですね。
苦しみも悲しみも忘れるので強く生きていけるのだと思います。
苦しかった事は忘れてまた新たな生活楽しんでくださいね(^_^)
海月
2012/04/25 09:52
>海月さんへ
海月と書いてクラゲと読むのですか?私はクラゲは水母と書くものと思っていました。
勉強になるな〜!、しかしどこから考えついたのですか?

ところで、ありがとうございます。
ほんとうにお久しぶりですね。
闘病って言葉の通り病との闘いの日々でした。
辛かったですね〜!死にたくなるってこのことか…と思った時もありました。
でも、人間てそんな苦しみも徐々に忘れてゆくのですね。
今ではすっかり忘れて過ごしています。(^_^)

確かに闘病前に比べると強い男になったかもしれません。
あの苦しみに耐え抜いたのだから…。

又、忘れたころにブログ更新しますので遊びにきてくださ〜いね。(^:~)
酒天
2012/04/25 20:23
強い正和さんが
しにたくなる位って本当に辛い治療でしたね。
でも苦労の甲斐が報われましたね。
おめでとうございます。
何より奥様がお喜びでしょう。
良かった良かった…。
o(^-^)o

私は幸せですので
ご心配無くね♪
正和さん似の
ハンサム王子と
楽しくやってますよ。


ゆゆ
2012/04/27 09:52
ゆゆさん、お元気でしたか?
わざわざご訪問ありがとうございます。

喉頭癌の手術後ほど辛いことはありません。
まさに闘病でした。
でも今は、お陰様で日々快方にむかっています。
私はあまり弱音は吐かないのですが今回は「死にたい!」と思った時期がありました。
本当に辛い治療です。
その辛さも徐々に忘れて回復にむかっています。
ところで、ゆゆさんは王子と楽しくお過ごしで良かったです。
せっかく念願の離婚が出来たのに幸せにならなくてはいけませんね。
良かったです。
ブログ更新されたようですので訪問させていただきますね。
酒天
2012/04/27 20:08
雨が降ったので、やってきました。
術後の経過の良くなって、ホッとしたでしょう。
苦しみに耐えて、今がある。。。美味しいお酒も許されて良かったですね
入院の楽しみはやっぱり可愛いナースさんや女医さんとお話できる事ですよね。
だって、治療は辛かったんですものね
えみりん
2012/05/02 17:43
>えみりんさん
やはり雨でお休みでしたか。
ようこそお越しくださいました。
そうなんですよ、大変苦しい病気でした。(-_-;)
手術後の治療の辛いこと…。
でも、病棟の雰囲気が大変良かったので3ヶ月間の入院も楽しく過ごせました。
酒天
2012/05/03 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ
byできるじゃん
ようやく回復(-_-;) 酒天のぐうたらな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる